5年半前はあまり深く考えて購入していた訳ではなかったのですが、最近、区部所有のファミリーマンションを購入してきた大きなメリットに気付きつつあります。

 

その当時は、不動産コンサルタントの方のアドバイス通りに行っていたことだったのですが、その方の深い考えのおかげ(もしかしたらたまたまということもありえますがw)で、最近そのメリットを享受できつつあります。

 

そんな投資した時には気付かなかったメリットについて今日はお話したいと思います。

 

・管理費は保険のようなもの

最初はウザいなと思っていた毎月支払う修繕積立金と管理費ですが、時が経つにしたがって、こういった仕組みの方が初心者は失敗する可能性が低くなるということに最近気づき始めています。

 

というのも、仮に最初から一棟マンション・アパートを購入していた場合は、大規模修繕や定期清掃等の建物管理の知識がほぼ皆無だったので、業者の養分にされていたことを容易に想像できます。

 

しかし、区分分譲所有マンションの場合は、建物管理会社がしっかりしている場合が多く、僕が所有している物件もほとんどが名の知れた管理会社が管理をしてくれています。

 

確かに、毎月支払う修繕積立金や管理費は知識のある方が自主管理する場合と比べ割高なのは否めません。しかし、彼らにはノウハウがあり、毎月支払っている管理費や修繕積立金を使用して将来の大規模修繕を計画してくれている為、将来に大きな出費が発生する可能性が非常に低くなっています。

 

これを考えると、分譲区分で支払っている管理費・修繕積立金というのは保険的な要素なのかなと。そして、初心者であればあるほど、こういった形態で始めた方が失敗はしにくと思います。

 

買主側の融資を考えると換金性が高い

そして、この章でお話することが最近気づいたことであり、かなり大きいメリットだなと感じています。

 

最近、自分が買主として物件を購入する時の融資についてセミナーに参加したり、個別相談をしに行ったりしています。

 

そこで気付くのは、投資ローンで物件を購入しようと考えた場合、耐用年数、そして物件の築年数、融資可能金額等を考えると、購入できる物件がかなり限定的になってしまうということです。

 

全額現金で購入出来ればこんな心配をする必要はないのですが、現実そんな方はほぼいないので、自分が売る側になった時に現金購入の客に物件を売却することを想定するのはあまり現実的ではありません。

 

となると、例えば築年数が古い物件を購入したりすると、出口戦略を立てにくくなるため、自分で長期保有するということを考えなければならないのですが・・・区分所有ファミリータイプの場合は、そこで大きなメリットがあります。

 

この続きはまた明日お話したいと思います。

皆さんも考えてみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪