みなさんおはようございます!

僕の不動産投資の仲間の中に、セミナーや様々な講座を受講してきた方がいるのですが、その方に、ファイナンシャルアカデミーの教材をコピーし、それをもらってから早一年弱経っていることに、部屋の整理をしていて気付きました。

文章としては、コピー紙の枚数にして、約200ページ。講義DVDのコピーが5時間×10枚です。相当な分量ですよね。一年前に貰ったときは、まだ自分には早いと思って、市販の不動産投資の本を読んでいましたが、そろそろいいかなと思っています。

ですが、これだけ量があると、それなりの意思が必要ですよね。笑

これだけ、勉強している方は、みなさんそれなりの意思があり、不動産投資を既に行なっている方が多いと思いきや、意外とクラスの半分以上がまだ不動産投資を行なっていない方だったらしいです。

不動産投資をしていると、常に費用対効果を考えてしまいます。自分が支払ったものに対して、どれだけのものが返ってくるのか?不動産であれば、初期投資にいくら支払って、どれくらいのお金が一年間で返ってくるのか?ということになります。

その考えで、こう行った講座の受講に関しても、考えてしまいます。でも、自己投資は最高の投資とおきながら、自己投資に関しても、お金を節約しようとしている自分は良くないなぁと思います。でも、そういう考え方が、不動産投資家のなかに多いから、こういった高額な講座を受講する方が少ないのかなと思ってしまいます。

つまり、高額な受講料を支払い、自分に何が返ってくるかわからないから、より確実にリターンがある、繰上返済にまわそうという考えになるということです。これは、不動産投資だけをやっていくのであれば、それでも最悪良いかもしれませんが、そこから自分でビジネスをする、独立するといった考え方を持っている方は、自己投資を惜しむのは良くないと思います。これは自分自身への語りかけでもありますが笑

ということで、不動産投資を行い、費用対効果を常に考える気持ちも分かりますが、たまには、自己投資としてお金を使ってみてはいかがですか?自分という存在は何よりも確実なものですからね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪