今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

ゴールデンウィーク前に1棟マンションのワンルーム部屋で3点ユニットのバストイレ別分離工事の見積もりのお願いをしていたのですが、その結果が先日出ました。

 

僕が所有しているマンションのワンルームはいわゆる人気のない20㎡以下3点ユニットのワンルームです。駅から近い、マンションタイプ、エレベーターありというメリットはありますが、周辺の競合がそれなりにあるため、空室対策の手を早めに打っておきたいということで、今色々と検討をしているところです。

 

何をするにもある程度のコストがかかってしまうわけですが、その中で最も結果が出やすいのが3点ユニットをバストイレ別にするということ方法です。バストイレ別にすれば、インターネット検索でバストイレ別にチェックを入れて検索しても表示されるようになるので、必然的に見てくれる方も増えます。

 

ただ、このバストイレ別のネックだと考えていることが2つあり、1つは大きなコストがかかってしまうこと、2つは、そもそも自分の部屋でバストイレ分離工事が可能かどうかということです。

 

一応選択肢としては考えておきたいのでなんとか分離工事が可能であればよいなぁーと思っていたのですが、バストイレ分離工事は可能と回答が来てまず安心しました。そして、プランが2つあり、ユニットバスとトイレの位置を完全に分離してしまうパターンか既存の3点ユニットバスがある位置に、シャワールームとトイレを完全に分離したシャワールームユニットを入れるパターンです。

 

1つ目のパターンは、スペースを必要とする為、収納スペースが1つなくなり、かつ、室内洗濯機置き場のスペースがなくなってしまうので、洗濯機置き場が室外になってしまうということです。このパターンは洗濯機置き場が室外になってしまうという意味でアウトだと即決です。

 

ということで、2つ目のパターンしかないなというのが結果なのですが、問題はコストです。50万円以上はかかるとおもっており、インターネットで検索すると100万円以下で工事が出来ているパターンもあるとのことだったので、100万円以下だったら良いなーと思っていたのですが、見積もりは120万円ででてきました。

 

ただ、メーカーの商品がかなりハイスペックな部品を使っているらしいので、色々交渉すれば、20万円程度さげることができ、税込100万円ぐらいまでは下げれるとのことでした。

 

僕の物件は全24部屋あり、内、1階~3階の20㎡以下1Kタイプの部屋は客付けがしにくい状況です。部屋数にすると12部屋になるので、この12部屋をすべてバストイレ別にした場合は、1,200万円かかることになります。

 

10年以上保有するのであれば、ある程度メリットもあるのかもしれませんが、さすがにこの金額は詳細な検討が必要だと思っていますが、ひとまず選択肢の1つとしては考えて行きたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪