定期的に報告をしている昨年1年間で合計2棟、金額にして2億円5千万円のローンを背負った僕の知り合いの話です。

 

場所は、熊本と長野。彼がもともと土地勘があったという話ではなく、紹介してもらった業者が紹介してきたから購入したという単純な発想で、はい2億5千万円ですw

 

どちらも家賃保証でやっているので月々10万円の手残りキャッシュフローがあるということ、しかし、大規模修繕コストは自分で負担しなければならないということで、まさに爆弾を持っているようなものです。

 

もともと、この物件の収支計画書では、税金還付がかなりの金額あるということも彼が物件購入に至った経緯でもあったのですが、なんと確定申告を若干忘れていたという肝っ玉の大きい彼でした。

 

彼から確定申告の相談を受けて、僕が5年間お世話になっている税理室の先生を紹介し、その後はどうなったか彼から連絡はありません。普段、会った時には誠実な対応をしてくれるのに、こういったホウレンソウが出来ない彼は若干残念に思ってしまうことがあります。

 

その際に、言い残していた最近ちょこちょこ支払の請求が来てて困っているという言葉。気になっています。それから、約2,3週間がたった今日この頃ですが、ちょっと状況が気になったので、彼に大丈夫?という感じのメールを送ったところ、この3日間返事なし。

 

会社のメールアドレス宛てに送ったので、彼は絶対に見ているはずです。

なので、返事がないということは・・・ヤバいのかもと思ってしまいます。

 

これは不動産業者と接する時にもそうなのですが、返事が遅い、もしくはない時というのは、大体何かが上手くいっていない時です。うまくいっている時であれば誰しも進んでそのことを話したくなるのが人間です。特に仲間内なら。

 

このような状況で、都心に一人暮らしを始め、車をローンで購入し、不動産関連の出費が払えないからフリーローンを借りているという状況は非常に危険です。このような状況になっている時点で、全く自己管理能力がない人間なわけですから。

 

とは言っても、かれは僕の友人です。民泊は彼から教わって、今に至っています。民泊に関しては、お金が黒字になったことだけでなく、経験を色々積むことができたので、今となっては彼にかなり感謝をしています。

 

なんとか、彼には危機的状況を脱出してほしいわけですが、連絡が取れないとなると何もできません。日本の永住権は持っているのですが、日本人ではないので最悪国に帰れば良いやとでも思ってるんですかね・・・

 

3,4年前に自己破産した僕の元不動産投資の仲間とホウレンソウが似通っているので、心配です。皆さんはこんな自己管理能力にならないでくださいね。この件、また、シェアすべき情報があればシェアさせていただきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪