今週月曜日に以前から申し上げていたデザイナーズリフォームの会社である朝日ビルディングの方と打ち合わせをしました。オフィスが19時に閉まるということで、急ぎ足で18時に指定いただいた場所へ向かったのですが、見たことのある方がいました。

 

この会社とのつながりはさかのぼることエイブル主催の賃貸オーナーズフェアになります。

そこで1つのブースを出していまして、それに興味を持った私が後日問い合わせをして、今回の打ち合わせになりました。

 

結論としては、やっぱりなというのが感想です。

このやっぱりなというのは、その会社に対する失望ではなく、大家の動きです。

 

この会社にリフォームを依頼する方の多くは地主系だとお聞きしました。

私のようなサラリーマン大家で大家としては若めの方が相談しに来ることは少ないようです。

 

やっぱりというのは、デザイナーズリフォームに手を出している大家は少ないということです。私の視点は間違ってはいなかったなと感じました。

 

ただし、それもこれもコストにその効果が見合うかどうかです。

 

彼らデザイナーズリフォームに毎日関わっている方からすると、天井にスタンドライトをつけるというのは普通のことで何の面白みもないようなことをおっしゃっていましたが、通常のリフォーム屋にリフォームをお願いすると、そんなことすら提案がありません。

 

通常の壁紙張り替え、床張り替え等の基本作業をただ粛々とやるだけです。

それはそれで基本なので軽視してはいけないのですが、工夫というのはほぼ皆無に等しいのが実情です。

 

彼らはコストパフォーマンスを見て、色々提案をしてくださるとのことです。

それがどの程度バランスが取れているのか分かりませんが、トライする価値はあるのかなと思いました。

 

まず第1号は、ここ2年以内に退去する可能性が高い部屋になります。

この部屋は築年数が新しめということで間取りは全く問題ないのですが、

今まで通常リフォームしかしてこなかったので、次回空室時に若干コストはかさむのかもしれませんが、彼らのパフォーマンスを見てみたいと思います。

 

正直、今までお願いしていたリフォーム会社にお願いした方が楽ですし、安く済むんだと思いますが、何か新しいことをしないと将来苦境に立たされる可能性が高くなる時代です。現状に満足してはいけないといつも自分に言い聞かせています。

 

今回は1回関係者のお顔を拝見できたのも非常に大きかったです。

1回会えばまた話も変わってくるかもしれませんし、多少の交渉であれば可能になるかもしれません。

 

こういった関係性を今後も引き続き構築していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪