今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
決算繁忙期が始まりました。といっても、第一四半期は2週間程度なので、我慢してやっていきたいと思います。

人気ブログランキング

 

 

現在、コンサルタントを雇って、空室になっている1室をデザイナーズリフォームでおしゃれにみせるという施策を取っていますが、その工事が今週にも終わり、いよいよ募集開始が出来るという状態になりそうです。

 

ただし、そのコンサルタントにリフォームをお願いしたのが、4月下旬だったので、2か月以上かかりました。ゴールデンウィークを挟んでしまったので、時間がかかったというのもあるのかもしれませんが、今回は家賃保証が出ているからまだしも、それがない状況で2か月もリフォームにかかってしまうというのは、ちょっとかかりすぎですよね。

 

ということで、何とか自分の中にノウハウを詰め込むことができないのか?色々模索してはいます。その中で、デザイナーズリフォームの基礎を学ぶということでスクールに通うことを考えていたのですが、内容的には興味があるものの、ちょっと厳しいかなーというのが正直なところです。

 

今回はその理由と、じゃあどのようにして学んでいくのか?ということについて、自分になりに考えていることを書いていきたいと思います。

 

毎週通学できない

スクールに通った場合は、毎週週末に2時間程度の講義を受ける必要があります。

もし、その講座の受講が出来なかった場合は、映像で受講することになると言われました。

 

僕のように資産規模に向けた動きをしていると、良い物件情報が入ったので、明日会えないか?という類の話が良く来ます。それ以外にも、複数の物件を管理していると何かトラブルが発生することもあります。

 

ということで、今の僕の状況だと、毎週末安定して時間を作るのは難しいな・・・というのが正直なところです。

 

体験受講もしてみて、内容的には非常に興味があるし、大家として差別化を図っていくうえでは、非常に意味があることだとは思うのですが、いかんせん時間が作れない。

毎週末1時間なら大丈夫かもしれませんが、時間が決められていて、しかも、2時間半も受講となると現実的ではない。

 

だからといって、Eラーニングとかになってしまうと、情報が身になっていかないので、そもそもやる意味がないのでは?と考えてしまうので、じゃあ、スクールは合ってないとなってしまいます。

 

必ずしも安くおしゃれというコンセプトを学べるスクールはない

僕たち大家は、インテリアデザイナーになるわけではありません。

おしゃれで、かつ、安い、コストパフォーマンスの高いリフォームをやることに意味があります。毎回空室になって、その中でできる限り早く、次の入居者が住めるようなスピード感を持って、かつ、あまりコストをかけずに、物件を良く見せるというのが大事です。

 

それを体系的に学べるようなスクールは色々調べましたが、見つかりませんでした。

 

今回入学を考えていたスクールというのは、どちらかといえば、将来インテリアデザイナーになりたい方が1年、2年ガチで勉強しているような学校です。そこで求められるのは、いかにして、おしゃれなデザインができるかどうかということです。

 

そこにいかにコストを抑えられるか?というのはあまりスポットは当たっていません。

おしゃれで、お金をかければ、誰でもある程度のものはできます。外注することも可能です。

 

しかし、安くて、おしゃれな、周りの部屋と差別化を図れるような部屋を作るのは非常に難しいです。そこには、自分自身のデザイン力というのが必要です。かつ、それを安価でやってくれるようなリフォーム業者を探すことが必要になってきます。

 

確かに、ターゲットに合わせたデザインを組み立てる力というのはスクールで極められますが、それ以外の歴史などあまり直結しないことも学ぶので、完全に自分の学びたいことの需要とは合わないな…と感じました。

 

実践の中で学んでいくのが一番

では、どうすればよいのか?

 

結局は、自分の部屋のリフォームを通じて、デザインの雑誌等を見ながら、少しずつトライして、実績を積み重ねていくということが一番の近道だと思いました。

 

少しずつというのは、最初から照明や壁紙やアートなど、全ての要素についてデザイナーズリフォームをするというのではなく、まずは、1面の壁紙を変えてみて、アクセントクロスにしてみるとか、キッチンのシートをちょっと明るいシートに張り替えるとか、少し変えてみるということです。

 

それで、いつもより早めに決められ、かつ、家賃が多めにとれるのであれば、その後も継続していき、かつ、可能であれば、追加でアレンジする箇所も増やしていくということなのかなーと個人的には考えています。

 

時間があれば、本当は基礎的なカラーコーディネーションだとか、インテリアごとの組み合わせの基礎的な論理などを学んでいった方が良いとは思いますが、時間が限られている中でやらなければなりません。

 

そう考えると、最終的には、お金をかけてスクールというより、実践できる場があるので、その実践の場で学んでいくという方が良いんだろうなーと今は考えており、そう進めていこうと考えています!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪