今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
気分転換がてら不動産投資以外のビジネスセミナーに行ってきます!

人気ブログランキング

 

 

以前からこのブログでもアップはしていましたが、トライアルで進めていたデザイナーズリフォームの件、施工完了し、先日見に行ってきました。結論としては、自分ではできないようなおしゃれな部屋にしてもらって、満足はしています。ただ、毎回この金額をリフォーム費用として支払っていると、もたないですがw

 

今回は物件購入時に空室になっている部屋に関しては、1年間の家賃保証がつくということで、空室でも家賃が入ってくるという状況だったため、余裕があったからこそ、デザイナーズリフォームに着手できました。そういった意味では良い機会をいただいたと思っています。

 

ただ、まだ入居者が決まっていないので、今回かけたコストに対してどの程度の成果があるのか?という部分については不明瞭です。自分の自己満足ではなく、結果が大事になってくるので、その部分はシビアに見ていく必要があります。

 

今後は複数の業者と会って、今回やったようなリフォームを行った場合にどの程度の費用がかかるかということについて話し合っていきますが、継続していくにあたって、論点になるポイントを考えていきたいと思います。

 

本当に家賃アップできるのか?

まずは、今回デザイナーズリフォームをしたことによって、本当に家賃アップすることができるのか?という部分です。これが一番重要です。

 

ちなみに、今回はもともと4万円台前半で貸していた部屋を、4万円台後半で貸し出すべく、賃貸管理会社の営業の方には話をしていることです。まだ着手し始めたところなので、どういった結果が上がってくるかは分かりませんが、もし今の募集家賃で決めることができれば、1か月4,000円程度家賃があがることになり、1年間にして48,000円家賃アップということになります。

 

くわえて、私が所有しているマンションの平均入居期間は3年から4年程度なので、仮に3年だとすると、約15万円となり、通常のリフォームと今回のデザイナーズリフォームの差額は軽々超します。

 

ちなみに、今回通常リフォームした場合とデザイナーズリフォームをかけた場合の差額は、大体10万円程度です。

 

このかけたコストに対して、家賃アップが見込めることは大きく、こういったおしゃれな部屋は入居者が丁寧に使ってくれる、かつ、入居期間が長くなるという傾向があると考えているので、それ以外のメリットも享受できます。

 

タッグを組んだ会社が潰れたら?

そして、今回良い結果が出れば、このデザイナーズリフォーム化は進めていこうと考えています。

 

今回依頼をした会社にまたお願いするとコンサル料金が通常のリフォームに追加してとられてしまうので、現在3社に現地まで来ていただき、同じようなリフォームをした場合、どの程度コストがかかってしまうのか?ということを検証しています。

 

その結果、ある程度コストメリットがある会社を見つけることができれば、その後は全ての部屋のリフォームを任せる代わりに、若干値引きをしてもらって、継続的にお任せしようと考えています。

 

ただし、ここで怖いのが、1社のみに絞ると、もしその会社が居なくなった場合に、どうなってしまうのか?という部分です。複数社に任せておいた方が、仮に1社が倒産や何かの理由で発注できなくなったとしても、保険としては効くので、リスク分散ができます。

 

ということで、今、1社にお任せするのか?それとも複数社にお任せするのか?やり方について考えているとことです。まあ、それもこれも今回のデザイナーズリフォームで具体的な結果が出てからなのですが。

 

同じデザインで生き抜ける?

最後に、今回のデザインはコンサルタントの方に考えてもらって、それをコピーしているだけです。自分自身でそういったデザインを考えることができれば、そもそもコンサルタントなんて雇っていないのですが、そこらへんは今後自分自身で磨いていくにしても、怖さはあります。

 

そうなると、コピーをしていった方が楽なのですが、今やっているデザインが今後も継続して使えるか?ということです。

 

僕が今回デザイナーズリフォームをしたターゲットは独身男性です。それは周りの賃貸需要を見積もってのことですが、もしかしたら今後近くに大きな女子大学ができて、ターゲットが変わるかもしれません。または、独身男性に好まれるようなデザインが変わっていくかもしれません。

 

その時に自分自身でデザインを変化していく力がまだないので、どうするかという悩みです。

 

ただ、この部分は、僕は研究熱心なので、決めれば最新のデザインをモデルルーム等に出向き盗んでくるということぐらいは出来ます。また、今回色々と業者と話して思ったのですが、協力をしてくれるような業者はあるので、彼らと良い関係を維持していれば、彼らと話し合いながら、より良い部屋を時代の変化に応じて作っていけると思いました。

 

いずれにしろ、まずは家賃アップの結果が出てからです。

何とか結果を出せるよう管理会社には頑張ってもらいたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪