205955-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日の北京は久々に空気が悪く、PM2.5の数値が、200を超えています。
大体、雨が降った次の日は空気が良くなるのですが、昨日の夜雨が降ったにも関わらず、
なぜか、空気が悪くなりました。

現在、ブラジルでワールドカップが開催されていますが、
おそらく、ワールドカップが中国で開催されることは、ないんだろうなと。笑
こんなところで、サッカーなんて排気量がものすごい必要なスポーツやったら。。。
早く、この問題が解決してくれることを望んではいますが、いつになることやら・・・

今日は、僕自身いろんな本やセミナー、そして実際不動産投資活動をしてみて感じている、
不動産投資家としての能力を上げるためには何が必要かということを改めてお話ししたいと思います。

能力と言ってしまうと、なんだかかなり範囲が広がってしまうので、
僕はいつも、DFK力と言っています。

タイトルにもある通り、DFKというのは、「ダントツ不動産活動」の頭文字を、
つまり、「Dantotsu Fudosan Katsudou」の頭文字のアルファベットをとって、
DFKとしています。

自分が行っている活動をこのようにネーミングすることは、僕は、非常に重要だと思っています。何事も目的を持って行動することが成功につながることは言うまでもありませんが、
その中で、今自分は、どういった活動をしているのかということを潜在意識に埋め込むために、それぞれの活動について「○○活動」といったように、ネーミングをすると、
自分は、今「○○活動」をしているんだといったように意識をすることができます。

そして、活動をする上では、能力が必要になってきます。
今回は、このDFKをより効果的に行う能力、略してDFK力は
どのようなことをすれば上がるのか?をお話しするよりも、
DFK力を構成する要素をお話しした方が早いと思うので、
どういった要素があるのか?それについてお話ししたいと思います。

以下、自分なりに分析して作成したDFK力構成要素です。

時間管理力

「行うべきこと」の活動予定を立て、行動していく力。
例を挙げると、
○財政基盤の確立
右肩上がりの納税
財務記録をつける(損益計算表、貸借対照表)
確定申告3期分の早期達成
金融機関への定期的な報告
○物件の資料請求、現地調査
100:10:3:1の法則に基づく実践

成功する業務フローの早期構築

→目標を決め、行動する力(よりofficialにするために自分が達成したい目標を人に宣言することをおすすめしています)
→問題点を見つけ、解決するフローの確立
問題点を見つけ、それを的確、迅速に解決するフローというのは直ぐに確立されるものではありません。しかし、どんな状況であっても、下のコンセプトは絶対に忘れないでいただきたいと思います。

・不動産経営は誰が何と言おうと、キャッシュフローが命。そして貯金も含め、お金の入出金をコントロール出来ない方は不動産投資をはやるべきでない。

貯金に関しては、検索エンジンで「貯金」と検索すると、ケチケチ生活等様々な方法で20〜30代で数千万円を貯めた人のブログや情報サイトが出てくるので、参考にして欲しいと思います。

ITリテラシー

ITを駆使し、物件検索、入居者募集、他の大家と交流を持てるIT知識。
特にチャレンジして欲しい5つのアイテム
・スマートフォン
・スカイプ
・インターネットFAX
・インターネットメーリングリスト
・自己不動産サイトの作成

塾、セミナー、勉強会

○不動産投資ノウハウやスキルに関する情報収集
各種セミナー、講演会への参加
例を挙げると、
・賃貸経営実務検定(通称:大家検定)
・大家さん学びの会
・東京大家塾
・増山塾
・満室経営実践会
・尾嶋式満室塾
・アジア太平洋大家の会
○リフォーム、リノベーションの研究
マンションのモデルルームの見学
建築関係の雑誌購読
店舗やホテルのインテリアを見る
ホームセンターの売り場から
NHK教育テレビ「DIY入門」
リフォームに関する雑誌、書籍など
○不動産物件に関する情報収集
新聞の折り込みチラシ
住宅情報などの雑誌
不動産情報サイトのWEB閲覧
不動産屋巡り
不動産業者の情報サービスに登録

ネットワーク構築(ソーシャルネットワーク、不動産屋ネットワーク、税理士ネットワーク等)

人脈、ネットワークの活用。
積極的に投資家同士のネットワーク等に参加し、情報交換をしていくようにしましょう。

本・新聞

○不動産マーケットに関する情報収集
経済新聞(日経新聞など)
雑誌購読(東洋経済、ダイヤモンドなど)
業界紙(全国賃貸住宅新聞、家主と地主など)の購読
通信講座、DVDなどの利用
不動産投資に関する書籍
投資家や大家のブログやHP

例えば、自分で不動産に関するニュース記事を切り取り、1年で1つのファイルを作り出す。自分だけの不動産新聞を作ってみてください。その繰り返しが、DFK力向上につながっていきます。

コミュニケーション能力

不動産投資というと、不動産があっての不動産投資と思いがちですが、コミュニケーション能力はアパート経営を成功させる上で最も重要な能力です。競争に勝って利益を出していくための専門知識(不動産そのものに関する知識、税務、法務の知識、改修工事の知識・ノウハウ、入居者募集(リーシング)のスキル)とノウハウも重要であることは確かですが、それ以上に、人に気持ちよく働いてもらうためのコミュニケーションスキルが必要になります。

こんなところになると、僕は考えています。
このように考えてみると、不動産投資家といっても、それなりの能力が求められることが
分かっていただいたのではないでしょうか。

僕自身も、まだまだ勉強しなければいけないこと、
実践の中で学んでいかなければいけないこと、たくさんありますが、
こういった指標があると、不動産投資家として何をやるべきなのか?
より明確になります。

上記の部分で、同意できる部分があるということでしたら、
1つの指標として、意識してみていただけたらなと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪