今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

最近毎日更新にしたからなのか分かりませんが、アクセスが少しずつ戻ってきました。引き続き出来る限りの有用な情報共有をしていきますので、ご支援お願いします!

 

ということで、今日は客付けの状況についてです。

先週金曜日に、現在空室となっている1部屋の原状回復工事が無事完了し、即入居可能という状態になりましたが、完了した翌日に現地確認をする途中で、知らない携帯番号から着信が入っていたので、とったところ、知らない方からの電話でした。

 

よくよく話を聞いてみると、今年の1月ぐらいに登録したセーフティネット住宅制度のHP経由の入居希望者さんでした。一回も問い合わせが来ていなかったので、客付け機能はほぼないと思っていた中での、問い合わせだったので、意外でした。でも、原状回復完了直後というナイスタイミングでの問い合わせで、しかも僕が現地に行くタイミングだったので、非常に助かりました。

 

とにかく内見をしたいということだったので、後日僕が対応することになったのですが、色々お聞きすると、持病をお持ちの方ということでした。ただ、精神障害ではなく、身体障害の方だということで、お会いして周りに迷惑をかけなさそうな方であれば、入居を考えてもらっても良いのかなと思います。

 

それもこれも保証会社の審査通過を待ってからですが、電話越しに話した感じでは、通常の方だという印象でした。ただ、やはり会ってみての印象は大事ですよね、自分でない件対応するのは大家を9年程度やっていて、これで2回目です。貴重な経験だと思って、対応してみたいと思います。

 

やはり、客付けのネットはできる限り広く張っておくというのは大事だなと今回再認識しました。これで、契約まで至るかはまだ分かりませんが、未だ緊急事態宣言が発動しているこの時期に内見が入ること自体はかなりうれしいことです。

 

それと、セーフティネット住宅に登録していれば、バリアフリー改修等、一定の条件を満たせば、経費の1/3まで補助金が出るということもあるらしいので、今週この件については、詳細を事務局に確認していきたいと思っています。

 

法人を設立して、1棟マンションを所有してからは、国の制度に色々助けられています。ただいずれも知らなければ活用することすらできませんでした。

 

客付けについても、知っているのと知らないのとで、空室期間は変わってきます。

自分から能動的に動く大家の物件はそうでない大家の物件よりも早く決まっていくことは長い大家経験から実感しています。

 

ひとまず所有してから3年が勝負だと思っていましたが、気付けば3年まで残り1年未満です。今年も昨年よりも良い実績を残せるよう利用できるものは利用し、自分の物件からの収益最大化のための前進していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪