今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

先日スルガのシェアハウス債務者に対するスルガ銀行の処理方法の流れがニュースになっていましたね。どうやら、債務者は物件放棄を条件に、債務免除になるとのことです。

 

これはかなり好待遇の処理だと思います。

おそらく、売っても多額の売却損が出るような物件ばっかりだと思うので、債務と同額で売却できたことになるのは、債務者にとって、かなり良い条件だと思います。

 

僕の不動産投資仲間でスルガで枠ギリギリまで借り入れをしている人がいるのですが、彼はシェアハウスの借入ではないので、このニュースを文字通り見ると、対象外になる感じがします。

 

ただ、シェアハウス以外にも、スルガで借り入れている方で、赤字垂れ流しの投資家は多くいると思います。シェアハウスの債務者だけ救助されて、他の物件の所有者は全く救助されないとなると、それはそれで何らかの抗議が起きるような気がします。

 

僕の知り合いの彼は3棟物件を所有していますが、その内1棟はあまりうまくいっていないという話を聞いています。彼としては、うまくいっている2棟はそのまま保有し続け、うまくいっていない1棟は、シェアハウス債務者と同じく、物件放棄を条件に、債務免除にして欲しいという思いはありそうですが、スルガ銀行としては、全債務者にそんな処置を認めてしまうと、それこそ破産になってしまうでしょうから、そこまでは出来ないと思います。

 

ただ、交渉力のある僕の知り合いのことですから、この局面を上手く活用して、自分に有利な条件を引き出してくるのではないかと思っています。彼とはここ半年程度会っていないので、年始の諸々の行事が終わって、繁忙期の入居者募集も落ち着いてきた段階で、飲みにでも行きたいと思っています。

 

シェアハウスの債務者は本当にラッキーですよね。

これを機に投資なんて二度としないというタイプと、1回死んだと思って、また投資をやろうとする方タイプがいると思いますが、もう1回やるとなった場合、信用情報にはどういった記載がされるのか気になります。

 

債務が免除されるというのは、ただ単に借り入れた債務を全額返済したという情報のみが記載されるのか、何からか特殊な表記がされるのか分かりませんが、特殊な表記がされることによって、その後の借入が不利になることもあるのかなと。

 

いずれにしても、シェアハウス債務者の方はおめでとうございます。

この1年半ぐらいの間、色々悩まれていた方が多いと思いますので、これで人生が良い方向にいくと良いですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪