castle-1507740_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日は高額講習の2日目、すなわち最終日です。

もともとホームスタディ講座でも学んでいた内容でしたが、

やはり、実際の講師による説明、それに基づいた実践があると違います。

お金をかけた価値はありましたね。

 

最近、ブログ、そして、業者の勧誘等で、シェアハウスに関する話が、

かなり増えているなという実感があります。

都内で、利回りがめぼしい物件がほぼないという状況下では、

シェアハウスのように、レンタブルな面積を最大限有効活用することによって、

利回りを上げていかなければ生き残れないというのは分かります。

 

しかし、民泊と同じように、シェアハウスも、近い将来、

競合が激化し、今のような利回りで回らなくなるのではないか?

と最近考えるようになりました。

 

そもそも、シェアハウスには、脱法シェアハウスというものもあります。

それは、もともと一戸建てだったものを改修し、取るべき許可を取らずに、

シェアハウスを勝手に始めてしまったものもあります。

 

こういった物件は、融資を受けることができないので、

キャッシュで買わざるを得ません。

 

シェアハウスは、民泊と異なるのは、購入する必要があるということです。

 

僕が最近受けた勧誘の中には、土地から購入し、その土地上に建物を建築する

ということをお任せでやってくれる会社もありました。

その会社では、通常、建物が建っていない状態で、融資を受けるのは厳しい中、

将来、シェアハウスが建築されるという前提で、融資を取り付け、それもあっせんしてくれるというサービスも行っていました。

 

でも、その銀行というのは、例のスルガ銀行です(笑)

金利は相変わらず4.5%らしいですが、そのシェアハウスの規模は、

1億円台後半、表面利回りは8%前後ということで、金利を考えると、

通常の不動産投資と比べても、あまり変わらないレベルになってしまいます。

 

その上、入居者募集等は、その業者に任せることになるので、

自分の努力で何かやるということは出来ず、まさにその会社に全てを任せる、

他力本願になってしまいます。

 

僕的には、金額的にも、そして、何より、何かあった場合に、自分自身でリカバリーできない怖さを感じたので、あり得ない投資だなと思ったのですが、意外とこの会社の業績は好調です。つまり、この会社のメイン商品であるシェアハウスを購入してしまう方が相当数いるんだと思います。

 

10年後、20年後考えると、非常に危ない投資だと思うんですけどね。。。

皆さん、知識をつけてから購入しましょうね。自分を守れるのは自分しかいないのですから。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪