beach-hut-237489_1280

 

不動産投資を始める際に誰もが夢見るのがハッピーリタイアです。私もそういったハッピーリタイアを考えています。しかし、私の言うハッピーリタイアはサラリーマンをやめて南の島で一生のんびり暮らすという意味のリタイアではなく、経理の仕事をやめて自分がやりたい仕事をやってお金を稼ぐという意味のリタイアです。

 

では、今の会社のやめるタイミングがいつなのか?ということですが、これは人によってマチマチです。現在給与収入の半分稼げたら辞めるという人もいれば、500万円安定的にお金が入ってくる規模になったらやめるというように金額で決めている方もいます。

 

私の場合は、まずは月々のネットキャッシュインを50万円にする。

そこが目下の目標ですが、リタイアについては明確に基準を定めていません。

 

もともとは経理の仕事が嫌いだったのですが、今年半ばより関連会社に出向し仕事が面白くなってきました。仕事は面白いし、社会的なステータスも保てるし、しかも、給与所得と給与外所得の二刀流で悠々自適な生活をすることもできる。それに加えて、会社の寮で住居費1万円というお金が溜まる生活をすることも出来る。

何も言うことはありません。

 

もしやめることがあるとすれば、本当にやりたいことができて、それがある程度副業としてうまく回り始め、サラリーマンをやめることによって収入が上がることがかなり高い可能性で見込まれた時だと思っています。

 

それか、サラリーマン収入の2倍ぐらい稼げるようになったら考えるかもしれませんが、それは近い将来に実現することは難しいと考えているので、一旦置いておきます。

 

あまりかっこつけるつもりはないのですが、自分の人生において何を成し遂げたいか?

一番重要なのはそこだという思いが年々強くなってきています。

 

お金を儲けることも生活をしていくうえで大変重要なことだということは分かっていますが、人を騙したり、欺いたりして儲けることは純粋に面白くありません。人生も楽しく過ごせなくなるのは見えています。

 

不動産投資をやることによって何を得たのか?というと、もちろん経済的自由はある程度得られ始めているのは確かですが、色んなことをやっている方と会う機会が増えました。お金を持っている人もいれば、そこまでお金を持っていない人もいます。

 

そこで思うのが、意外とやりたいことができていないということで、自営業で幸せ!っていう人があまり多くないことです。

 

サラリーマンが嫌だから辞めたという消極的な形で辞めると、結局自営になっても同じことを繰り返します。サラリーマンであるうちに、経済的自由度を高め、かつ、自分の成し遂げたいことを探してそれに向かうことができたらそれほど楽しい人生はないのかなと個人的には考えています。

 

皆さんはどうお考えでしょうか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪