今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

先日小池都知事から今後のコロナの自粛基準について発表されたようですが、コロナの感染者数等のコロナに関するモニタリング項目だけで判断するというより、残りの病床数で判断していく流れになるようです。

 

これについて、色々と批判の声も飛び交っているようですが、経済的にはよほどのことがない限り緊急事態宣言は出ない、いや出せないと思います。僕が所有しているワンルームレジデンスについても、あの1か月半の緊急事態宣言でコロナ滞納になりかけた方が1名いたので、あれ以上長くなっていたら、もっと多くなっていただろうと思われます。

 

レジデンスでさえ、このような状況だったので、店舗物件については、これ以上長くされると経済的に困る方が多くなるのは確実だと思います。

 

そんな中で、こんなコロナ禍でも、ほぼ被害を受けていない大家の方が多いことから、不動産投資の安定性に注目が注がれているという声もちらほら聞こえます。

 

実際、僕は28部屋のレジデンスを所有していますが、1部屋だけコロナ滞納になりかけた部屋はあったものの、その部屋の滞納は既に解消され、それ以外の部屋について、滞納は発生しませんでした。

 

店舗物件では、家賃減額請求であったり、家賃が支払えないことによる退去、まあ滞納するお店等々、苦戦している方もそれなりにいたかと思うので、その中で、レジデンス投資は安定しているなと改めて思いました。

 

ただし、投資がうまくできているなーと思うのは、リスクとリターンはトレードオフ人っているということです。通常、店舗が入っている物件の方が、レジデンスのみの物件より利回りが高く、うまく運用できれば店舗物件の方が利回りが高いのが常です。

 

僕は投資家としては、慎重派なので、今後新たに物件を購入することにしても、店舗物件を購入する可能性は非常に低いと思っています。こういったコロナのような事態を経験するとなおさら思います。

 

今後のコロナの状況によりシナリオは変わっていくと思いますが、仮に、今のようなのらりくらりの状況が続き、二番底が来ないままコロナワクチンや治療薬が開発され、市場に出回った場合、市場には大量のお金が供給されているので、不動産にお金が流れ込んでくる可能性は非常に高いと僕は考えています。

 

その際に、今回のコロナでレジデンス投資を推進していく方が増えるのでは?と個人的にはイメージしているので、どうでしょう。そもそもコロナがどうなっていくのかについては不確定要素が多すぎるので、僕の希望的観測も含んでいますけどw

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪