今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

緊急事態宣言が解除され、コロナに対する色々な不安が取り除かれつつある今日この頃でしたが、5月末期限の6月前家賃の支払いにおいて、コロナ滞納者が1名出たということを先日知りました。

 

幸いこの入居者については、日本セーフティーさんの家賃保証に入っているので、1か月遅れで賃料が入ってくる流れになりますが、滞納と聞くとやはり良い印象はありません。僕が所有している1棟マンションは、年収200万円台の方々が住むマンションになるので、いつコロナ滞納が起きてもおかしくないと身構えていましたが、ここにきて1件発生し巻いた。

 

ただ、24部屋中1部屋だけなので、まだマシな方なのかもしれません。

また、数部屋は連帯保証人のみで、家賃保証会社に加入していない入居者もいるので、その入居者の滞納ではないというのも不幸中の幸いだと考えるようにしています。

 

話によると、その入居者は家賃支払い期限日前に支払いが遅れてしまうこと、給付金が入金されたら家賃送金を行うことを事前に電話していたらしいので、確信犯的な家賃滞納者ではないことは安心しました。

 

先週日曜日は東京の感染者数が50人近くとなり、第二波に対する懸念が少し強くなりつつありますが、こういった事業をしているものとしてはなんとかこのまま持ちこたえてほしいというのが切なる願いです。

 

この滞納の最悪の結果というのは、室内自殺だと考えています。

滞納者にはある程度のプレッシャーを加えていく必要はありますが、だからといって、過度に加えすぎることがないようには注意をしたいと思います。

 

今年は既に半年分の家賃を受け取っていますが、昨年よりも順調に推移しています。加えて、今月繰り上げ返済を行えば、ローン返済比率が下がり、経営は更に楽になります。経営が楽になることによって、僕の精神的な負荷も下がっていきます。

 

ワンルームマンションの悪いところは、空室数自体は多くなってしまうことですが、24部屋もあると、1部屋だけの滞納があってもそこまで大きな影響金額にはなりません。そういった意味では、部屋数が多いとリスク分散がされていると言えると思いますし、そう感じるようになってきました。

 

滞納も初動が大切だと考えているので、管理会社の担当に適宜プレッシャーをかけながら、正常に家賃送金がされる流れに持っていきたいと思います。というか、4万円も支払えない程度に困っているのであれば、住宅確保給付金が確実に出ると思いますけどね・・・

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪