今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

暦上は本日から、GW明けの出勤日ということになりますが、緊急事態宣言がまだ解除されていないということで、引き続き在宅勤務となっており、なんだか休みと勤務日の区切りが精神的に出来ない状況が続いています。

 

そんな中、今週末から即入居可能の状況になる空室の反響状況について、皆さんに共有したいと思います。

 

今回空室になっている部屋は東京都下にあるマンションですが、家賃帯としては4万円の物件です。駅からは5分圏内で立地的には悪くない部屋ですが、その駅力があまり強くないため、この家賃帯になっているという感じです。

 

個人的にはこのコロナの影響で、今引っ越す人は相当訳ありの方だろうし、今回の空室についてはある程度長引いてしまう可能性が高いだろうなーと覚悟はしています。実際に、どの客付け業者に聞いてみても、例年と比べて人の動きは明らかに減っているという回答しかないので、致し方なしです。不幸中の幸いなのが、空室はこの1部屋のみでおさまっているので、そこまで大きな影響ではありません。

 

実際に、今回の空室に対する反響は2,3月の頃にあった反響と比べて明らかに減っています。

具体的に申し上げると、2,3月の繁忙期の時は1週間で10社程度から問い合わせがありました。この問い合わせというのは、ただの空室確認も含めての数です。

 

そして、今はと言うと1週間で5社いくかいかないかというレベルです。繁忙期と比べて仲介業者が動いていないということがこの数値から分かりますよね。今後、9月新学期体制に変更していくということも言われているので、もしかしたら、繁忙期が変わっていくのかもしれません。

 

僕としてはこの空室に関しては10月ぐらいまでに埋まれば良いぐらいで、心を広く持って対応する方針でいます。ひとまず非常事態宣言が解除されれば、多少人の動きは戻ってくるだろうと思っています。その時に決められるかですよね。

 

第二波、第三波が来ると言われていますが、そうなると更に空室が長引くかもしれません。ただ、それを恐れて何もしないというわけにもいかないので、自分で写真撮影をしたり、ホームステージングをしたり、客付け業者に自分の物件の宣伝をするといった募集活動は今まで通り、行っていきます。

 

むしろ、在宅勤務が5月いっぱいまでとなったので、そういった仲介業者との会話はしやすい状況にあります。今自分は何ができるの?この時間を使って何ができるのか?深く考えて、行動していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪