今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

コロナ感染者が高止まりし続けている今日この頃ですが、8月の送金家賃を先日確認したところ、少しずつ影響が出始めているなと実感しています。今回は実体経済への影響が大きいということでしたが、先月までそこまで大きな影響がなかったのですが、ここにきてという感じではあります。

 

コロナが顕在化したのが3月頃だとすると、今月で半年経過したことになります。

この間、仕事を奪われたり、体調を崩し、収入が途絶えた方が多くいると思いますが、発生直後に影響を受ける人もいれば、発生から遅れて影響を受ける人もいると思います。

 

ということで、僕の物件の入居者の場合は、発生直後はなんとか持ちこたえてくれたものの、今になって来ているということだと思います。

 

具体的には、8月の家賃支払いから、24人の入居者中、2名の家賃滞納が発生しています。まだ1か月目ということですが、1名は4,5月時にも家賃滞納をしていた飲食店で勤務する方なので、再発という感じです。もう1名は今まで家賃が遅れたことがない方だったので、新たな家賃滞納者です。

 

いずれも、大手の保証会社と家賃保証契約(代位弁済)を締結しているので、来月には今月分の家賃が保証会社より支払われるので、とりっぱぐれの可能性は低いですが、いきなり2名でるとやはり驚きます。

 

全国の2か月以上の平均家賃滞納率は1.4%ということで、僕のケースの場合、2/24で8%ということで、かなり大きな数値となっている状況ではあります。ただ、今回は滞納してまだ半月程度の話となるので、管理会社と連携を取りながら、入居者への連絡を進めていきたいと思います。

 

今まで2年半程度の運営で2か月以上の家賃滞納が発生したことはありませんが、ここ1年程度は家賃滞納が発生するリスクについて、ある程度覚悟をしておかなければならないとは考えています。

 

それを見込んで、計画ではバッファーを織り込んでいますし、コスト削減も進めています。苦しいときに今まで行ってきた諸々対策の成果が出てくると思うので、ここ1年は多少の家賃収入減は覚悟しながらも、なんとか許容範囲内の売上推移に乗せていきたいと思います。

 

また、こういった苦しいときは悪いことばかりではありません。このブログでも度々共有させていただいていますが、補助金制度も通常より多く設定されています。それらもうまく活用して、なんとかこの苦難を乗り切っていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪