今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

昨日の記事でも共有させていただいた通り、現在防犯カメラの導入に向けても検証をしています。補助金の事業採択の結果が出るのが7月上旬なので、それまでには検証を済ませておきたいと思っています。

 

その後色々と調べてみたのですが、防犯カメラ設置工事で検索がかかる業者にカメラの設置工事費用についてヒアリングをしたところ、自分で購入したカメラの設置工事はやっていない、もしくは高額になってしまうという回答しかありませんでした。

 

セーフィーというクラウド型防犯カメラを製造しているメーカーに問い合わせをしたところ彼らは彼らで防犯カメラしか売らないということで、工事は自分で手配してくださいというスタイルでした。

 

ということで、完全な組み合わせは探せなかったのですが、防犯カメラ設置工事で検索がかかる業者はクラウド型防犯カメラではなく、レコーダー設置型の防犯カメラを進めてきました。

 

レコーダー型の場合、レコーダーも現地に設置する必要があり、その分設置コストは高くなります。ただ、クラウド型と異なり、その後の維持費用はかからないため、ランニングコストとしては、レコーダー型の方が安くなるようです。

 

ただ、クラウド型防犯カメラだと、アプリで監視できたり、人感センサーがついていた李と、カメラ自体は高機能なイメージがあります。その点、今週末にレコーダー設置型の防犯カメラ業者に現地見積もりに来てもらうことになったので、色々と聞いてみたいと思います。

 

彼らは自分たちのカメラをすすめてくるので多少バイアスがかかった意見になると思いますが、その点差し引いて聞いてみたいと思います。設置工事業者からざっくり伝えられている数値は20万円前後だと言われています。

 

オートロック設置にかかる費用は200万円はこえてくるので、それと比較すると大分コストは下がります。

 

といっても、お金を出費することに変わりはないので、より良いものを設置したいと考えるとともに、その後の維持管理にかかる手間であったり、維持管理コスト面も総合的に考えて導入を検討していきたいと思います。

 

検討してみて思いますが、防犯カメラも色々あるんですね。もちろん機能があるものは高くなるんですが、どれもオートロックと比較すると低い価格なので、どんぶり勘定になってしまいがちです。この点注意したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪