今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

今現在空室になっている部屋は2部屋あり、内1部屋は契約金の入金まで済んでおり、成約しておりますが、残り1部屋は申し込みが2度入るもの、どちらもキャンセルになってしまったという状況で、未だに空室です。

 

未だにとっても、前入居者の契約終了日が8月8日だったので、まだ1か月ちょっとの期間しか経過しておらず、懸念するほどの空室長期化ではありません。しかし、申込後のキャンセルが同じ部屋で2度続くことは今までのなかったことなので、その理由についてに、考えてみました。

 

そもそも、この申込後キャンセル、ワンルーム経営を始めてから経験しました。ワンルームマンション購入までは、分譲マンションでファミリー向けの部屋しか所有していなかったため、入居者の方の属性もそれなりの属性でしたし、家族で住まわれるということで、よくよく考えたのちに申し込みをいれていただくということになっていたので、この申込後キャンセルの経験はありませんでした。

 

それが1棟マンションを購入してからというもの、既に7,8回経験しています。

 

なので、最近は申し込みが入っても、まだ安心できず、契約金の入金が確認できて、初めて安心できるという状況になっています。

 

でも、なぜここまで申込後のキャンセルが多くなっているのか?

そこを深く突き詰めることによって、今後の更なる入居率アップにつながると考えています。

 

今のところ僕の頭の中にあるのは2つの理由です。

 

1つは、そもそも属性上の問題です。

僕が募集をしているワンルームは4万円台前半の家賃帯です。ということでは、必然的に年収200万円前後の方が多くなるため、属性が良いとは言えない方々です。

 

そして、これは皆さんに当てはまることではなく、傾向としてですが、年収がこれぐらいの方は、マナーがなっていない方が多く、仲介会社からキャンセルは控えるようにと注意を受けても、簡単にひっくり返してしまう。もしくは、申込を入れても、その後連絡が途絶えてしまう等の可能性が高いということです。

 

この点については、家賃を2倍に出来るはずもなく、どうしようもないです。

 

もう1点は、やはり競合が多いんだと思います。

そして、まだ、僕の物件がそこで突き抜けられていないということです。

 

キャンセルの理由として、他に良い物件があったので・・・と言われることが半分ぐらいあります。なので、同じ家賃帯で、僕の物件より良い物件があるということなので、そこはまだまだ競合力不足な面もあるという認識はしておいた方が良いと考えています。

 

ということで、物件競合力アップのために、色々とやってはいますが、まだ出来ることはないか?引き続き考えていきたいと思います。今年は前年比入居率アップしている状況なので、まずは今年そのまま走り抜けるようやれることをやっていきます!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪