euro-400249_1280

 

みなさんこんにちは。

 

今日は、融資の再依頼を行うために、午前は色んな資料をコピーしたり、

また、不動産関連で電話連絡を取らなければいけない方々が結構いたので、

この時間の更新になってしまいました。最近、どちらが本業が分からなくなるくらい、

不動産関連の動きが激しいものになってきています(笑)

 

先ほど、かなりの金額をキャリーして別の口座に移しました。

先週、某信用金庫より融資を受けるために、その信用金庫の銀行口座に、

かなりの現金を移したわけですが、結局融資が下りず、そのままその某信用金庫に

現金を置いておくという事でもよいのですが、振込手数料であったり、

出金の手続きがかなり面倒なので、一気に出金して、現金を移動することに決めました。

 

信用金庫にとっては大きな金額になりましたが、問題なく現金を受領でき、

既に現金をメインバンクの口座に移すことが出来て、安心しております。

 

今後はできればこういったことは避けたいなと思います。

その金融機関の銀行口座に現金を入れることによって、融資が下りることが

決定するのであれば、現金を入れることはできますが、まだ分からない状態で、

もしかしたら審査が下りない状況であれば、使い勝手の悪い金融機関への現金移動は

やめたいです。

 

現金を持っていることの証明であれば、インターネットバンキングの残高証明、

もしくは、銀行口座の通帳の残高のコピーで十分なはずです。

それが今回は、信用金庫という事もあり、取引をしているという実績を示した方が、

融資が通りやすいということで、そういう指示があったので泣く泣く現金を移しました。

 

僕が求めている金利で借り入れをするためには、都市銀行もしくは地銀・信用金庫での借り入れが必須です。それ以下の金融機関になると、金利が求めていたものよりも高くなり、

結局、やらない方が、安定経営ができるという事になるので、無理してまで不動産を購入する気はさらさらありません。

 

今日は、金融機関の仲介をして下さる売主側の仲介業者が対応できず、

また、明日は不動産業者が休みの為、具体的な手続きは木曜日から始まります。

 

先ほど、融資関連の資料を、僕側の仲介業者の方へ手渡しし、僕のやるべきことは、

ひとまず終了したので、あとは、何か求められれば追加で資料を提出しますし、

厳しい結果が出ても、ひとまず受け入れるようにしたいと思います。

 

おそらく、不動産業者の仲介だからと言って、簡単に融資が下りるという事は

ないだろうと思いますし、厳しいと思います。それも含めて勉強です。

 

結果、過程は、またこのブログで速報をアップしたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪