今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。

人気ブログランキング

 

 

現在、ほぼ自動化している民泊運営ですが、民泊の記事数がなくなってきているのは順調に運営が進み、このブログでシェアできるような面白い話がなくなってきているためです。

 

そんな中、お盆直前にちょっとした話がありました。

僕は3部屋運営しているうち、2部屋は同じ物件で運営しています。

 

その2部屋については、どちらも2階となっております。

そして、オーナーの方が4階に住んでおり、いわゆる賃貸併用住宅的な状況になっています。

 

こういった物件で民泊をやる場合は、たとえオーナーの許可がとれていたとしても、注意して下さい。というのも、一緒のマンションに住んでいるということはそれだけゲストの行為が見られているということになり、自分のマンションは大事にしようと思っているのが普通のオーナーですから、トラブル対応の頻度があがります。

 

この物件のオーナーはそういった状況に加え、もともと細かい方です。いわゆるエリート社員です。すいがわ1つ落ちていても、それを自分では対処せずに、捨ててくれと管理会社に連絡しているようです。完全に賃借人を上から見下した対応をとるタイプの方です。

 

確かに部屋を貸してもらっているという点ではお世話になっているのですが、でも、あちらからしても僕たちが2部屋分の家賃を滞納なく支払っている時点で感謝はして欲しいところなのですが・・・という気持ちもあります。

 

そんな中、管理会社の社長が、そのオーナーからの連絡があまりに多く、傲慢だと感じていて、連絡を無視していたところ、僕のところにいきなり連絡が来ました。すいがわを捨てる用の水バケツがみんなが見える道路側においてあり、見栄えが良くないから、道路裏側のベランダに置き換えてくれないか?というお願いでした。

 

しかも、連絡が来たのが、お盆直前の夜。普通に友人と飲みに行こうとしていたところでしたwそこで、こんな連絡が来てしまったので、対処しなければならず、オーナーと管理会社の社長に連絡を繰り返すこととなり、気付いたら30分経過・・・直接やり取りしてくれよと心の中で思っていましたが、今はしょうがないと。

 

結果、管理会社の方で対応いただき、管理会社の社長の方にも、確かにオーナーの方が細かく傲慢なのはわかるけど、なんとかうまくやってくれ、でないと、この2部屋がなくなる=管理会社の手数料も減ってしまいますよと。

 

それでひとまずは一件落着となったのですが、民泊運営の部屋に住んでいるオーナーがいる場合は、たとえ許可がとれていても面倒になることを織り込んだうえで運営の可否を判断いただければと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪