今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。皆さんのポチが励みになります!

人気ブログランキング

 

 

この時期に7月、8月と2か月連続で空室が続いている今日この頃ですが、7月に空いた空室はひとまずOYOに賃貸することとし、8月に空く部屋は9月、10月の比較的人が動きやすい時期に決めていきたいと考えています。

 

7月と8月の退去で大きく異なるのは、前入居者の入居期間です。

7月に退去した入居者は1年未満の居住期間だったので、退去後の室内状況が非常に綺麗に保たれていました。ルームクリーニングのみで完了できたので、実質ほぼ負担がない、退去でした。

 

しかし、8月に退去する部屋の入居者は15年も住んでいたようなので、結構な原状回復費用がかかるのではないかと危惧しています。ただ、1階なので、おそらく床鳴りはないだろうと、そうすると、壁紙の張替え、床の張替えが必要になったとして、ざっくり20万円~30万円くらいはかかってしまうのかなと心の準備はしています。

 

加えて、広告料として家賃2か月分支払い、空室期間は機会損失となるので、この空室で40万円~50万円の損失想定をしています。

 

そして、今回はおそらくエアコンの交換が必要になるかもと推測しています。

エアコンの交換になった場合は、設置費用と今のエアコン撤去費用として、5万円~6万円は発生します。

 

このエアコン工事については、家電量販店で自分で行ったほうが断然安いので、自分でやらせてもらう予定ですが、どのタイミングで発注するか考えています。

 

というのも、もしかして自主的に、または、以前の所有者がエアコンを交換していた場合、今回エアコンの交換は不要ということになる可能性もゼロではないからです。もちろん可能性は低いですが、もし今のエアコンが交換の必要がない状況だった場合、早めに発注したエアコンコストが無駄遣いになるので、やはり、室内でエアコンの状態を確認してから発注するのがベターなのかなと考えています。

 

この暑さは9月まで続きそうな気がしますが、この暑さが緩くなるタイミングあたりに、何とか、今回の空室を埋めていきたいと思います。空室対策は1回1回が勝負だと思っていますので、今回も最大限オーナーとしてできることはやっていきたいと思います。

 

少しでも手を抜くと、徐々に空室がたまっていくことは十分に考えられるので、エアコンにしても、必要であれば早めに交換し、内見者が決めてくれるような部屋の状態に早めに戻したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪