みなさんおはようございます!

今日は、リフォームの際、意外だった盲点のひとつについてお話したいと思います。
みなさんリフォーム内容に関しては、業者と話し合い、具体的内容を決めていっていると思いますが、その中にエアコンの工事というのは含まれていますか?

もし含まれているとしたら、エアコンに関しては、リフォーム業者に依頼するよりも、ヤマダ電機やビック電気の家電量販店で購入し、取り付けてもらったほうが、費用的には安いです。それはリフォーム業者にも直接言われたので確かな情報だと思います。

ただ、家電量販店で注文する場合、まず見積もりをとった上で、その後取り付けてもらうというのが一般的な流れになっています。ここで気を付けて欲しいのは、見積もりを取る際、そして、エアコンを取り付けてもらう際、どちらも現地に誰が人が居なければいけません。僕の場合は、どちらも平日に行なってもらったため、日中働いてい僕は行くことができず、賃貸管理会社の人に代理を依頼しました。

ラッキーだったのは、その賃貸管理会社は僕の物件から5分程度の近くにあったということです。もし、賃貸管理会社が1時間以上の遠隔地にある場合は、追加で料金を取られていたと思います。想定外のコストですよね、これは。。

ただ、この面倒なやりとりを防ぐ方法はあります。それは、エアコン取付をリフォーム当初に決め、見積もり及び取り付けをリフォーム期間中に全て組んでしまうようにすることで防げます。というのも、リフォーム期間中であれば、工事の作業員が室内にいるため、その作業員に立会を依頼することができるからです。これで追加コストは防げるはずです。僕は次回のリフォームの際には、エアコン工事の納期に関しては、注視しようと思っています。

ただ、エアコン取付に関しては、一番迷うポイントですよね。もしかしたら、新たな入居人が既に所有していて、それを持ってきてくれたり、もしくは、入居者が自己費用で取り付けてくれたり。。。無駄なコストは省きたいですからね。

僕の場合は、今回エアコンを取り付けられる部屋が2部屋あり、どっちにもエアコンが取り付けられていたのですが、使い物にならず、どちらも廃棄し、取り付けは1部屋にしました。その後、新たな入居者がもう一つの部屋に自己費用でエアコンを取り付けてくれたので、追加コストはかからず、結果としては、僕の判断は正解でした。

みなさんは、エアコンの取り付けは全て行いますか?それとも、ある程度入居者が負担してくれることを想定し、全部屋への取り付けはしませんか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪