みなさんおはようございます。

先週は休みが日曜日しかなくて、今日から、中国は勤務開始です。良く中国にある日系企業は、日本の祝日に合わせて働くというような事を聞くことがあるしれませんが、全くそういうことはありません。完全に現地化してます。

さて、今日は、不動産投資を始めた時には、あまり考えないことをお話ししたいと思います。
すなわち、売却の話をしたいと思います。

僕自身、投資したものは保有し続けるべきで、それが不動産投資家として成功するための要件の1つだと思っているくらい、売却に対しては、あまり肯定的ではありません。
しかし、どうしてもキャッシュが必要な時、または、何らかの理由で、転勤になり、遠隔地からの
管理をするのが危険だと考える場合等、売却が必要な時もあるかもしれません。

売却をすると決めた瞬間、出来る限り高い金額で不動産を売却したいと思うのが普通です。
しかし、どのようにしたら、不動産をより高い金額で売れるのか?あまり、知識がないというからのために、今日の話題を提供したいと思います。

大きく分けると、ハード面、ソフト面、そして精神面において準備をすることが必要です。
それぞれについては以下の通りです。

ハード面とは、物件の外装の事です。みなさん不動産を見えるものですよね?そして、人は、なんやかんや見た目に左右されやすいというのが事実です。なので、不動産売却前に、外装のリフォームを行うことを考えて見るのも手です。

しかし、外装リフォームは内装と異なり、金額が大きくなります。そこは、不動産業者の
担当者と話をしながら、費用対効果を考え、リフォーム金額よりも、物件価格上昇金額の方が高ければ、やるべきです。

ソフト面、つまり条件面の事ですが、これは、単純に家賃を上げるということです。人によって、どういった指標を重要視するかは異なりますが、少なくとも誰しもが表面利回りをみます。よって、家賃を上げることにより、表面利回りを上げることができれば、物件の価値はより高く評価されます。敷金・礼金なしにするかわりに家賃を上げる、最初の2か月フリーレントにする等、色々と方法はあります。

最後に、精神面ですが、これは焦らないということが大事です。物件を早く売りたいというように、売り急ぐと相手と交渉するときにそういった空気が流れ、相手がそういった状況を利用し、買いたたきを始めます。焦らない為には、時間に余裕をもって売却手続等を開始することです。なので、2か月後にキャッシュが欲しいから、今売るというような、急な計画は立てない方がいいでしょう。売却計画は前広にたてるべきです。

いかがでしょうか?

皆さんが将来売却する時は、または、今売却を考えている方、上記のような事を考えた上で、売却を進めてみて下さい。良い結果が出るはずです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪