foliage-1438858_1280

 

皆さんおはようございます。

 

今日は久々にバッティングセンターに行ってきます。

もうかれこれ、日本に帰国してからはやっていなし、中国滞在時もやっていないので、

4年ぐらいはやってないんだと思います。

ほどほどに頑張りたいと思います。

 

ふと考えてみたのですが、僕の不動産投資家としての時給って、

とんでもなく高いなーと思います。なぜなら、満室だからなんですが、

空室対策をしてきた時間を含めて計算しても、そこまで変わらないと思います。

 

現在、僕が不動投資家として活動している時間は1時間に満たない状況です。

満室の時は、家賃入金のチェックと、各銀行へのローン返済額の送金程度なので、

多く見積もっても30分程度です。

 

それ+、不動産投資家として成長するために、セミナーに参加したり、

人と会ったり、本を読んだり、資格を勉強したりという行動をしていることはしているのですが、これは、僕の趣味的な要素もあるので、含めないこととします。

 

そして、今、1か月あたりの手残りキャッシュフローは、20万円台後半になるので、

時給にして50万円以上になります。とんでもない時給ですよね。

間違いない立地で購入すれば、利回りが低くとも、このように継続して家賃収入が入ってきます。今は、拡大期なので、僕自身落ち着いていないのですが、

これがある程度の年齢で落ち着きたい年頃だった場合は、これほど楽にお金が入ってくることってないのではないでしょうか?もちろん、物件選びを間違いないという前提があっての話ですけどね。

 

不労所得ではないということは常々申し上げていますが、

より不労所得に近づけるために知識と経験が必要になってきます。

あとは、一番大事なのは人脈ですね。これは鉄板です。

 

自分の為に動いてくれる人がいるからこそ、不労所得が成り立つってわけです。

 

他にも時給が高い仕事ってあると思うんですが、

時給50万円の仕事って、ないと思います。

一部の外資系企業のCEOとか、本当に一握りなんではないでしょうか?

 

日本でいう高所得者層の方は、時間もかけているというイメージです。

外資金融、外資コンサル、大手弁護士事務所所属の弁護士等が代表格として

挙げられると思いますが、彼らは、間違いなく、僕たちより働いています。

高い能力をより長い時間注入している人は、そりゃ給料も多くもらうべきです。

 

しかも、大家は社会的に認められている一種の職業の為、

社会から変に隔離されたという感覚を持つことなくできます。

これほど良い職業ってないと思うんですよね。

 

と、今日は不動産投資を褒めちぎってみました(笑)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪