先週久しぶりに不動産投資をやっている会社の同期と会いました。

その会の目的は彼にス○ガ銀行の金利交渉をした知り合いを紹介してあげることと、彼が被災した物件の状況を聞くことでした。

 

しかし、彼から驚く発言が連発・・・

初心者の方は見習わないでいただきたいのですが、こういう投資をしている人もいるということでお聞きいただければと思います。

 

負債は2億円中盤

今日の項目を持ていただければ想像がつくかと思いますが、彼は今大変厳しい状況です。

 

まずは、サラリーマンの属性をフルに使い、現在の負債は2億中盤にまでのぼっています。

月々の具体的な返済額は聞いていませんが、少なくとも100万円を超えており、仮に家賃収入が何らかの理由で入ってこなくなった場合は、自己破産に向かってまっしぐらです。

 

属性に任せて借入を極端なレベルまで増やすのは危険です。

最初は、現金で購入できる、もしくは50%以上の資金を入れることができるぐらいの金額規模から初めて、様子を見た方が最悪の結果に至る可能性は低いと僕自身は思います。

 

不動産投資は合う合わないがありますがので、まずはやってみるという意味で少額から始めるべきだと思います。少額だと確かにほぼ手元に残らないのですが。

 

金利は4.5%

そして、彼の場合は全てス○ガでの借入です。

従って4.5%になります。

 

住宅ローンが1%をきるこのご時世に4.5%というのは高すぎますが、彼は融資をしてくれるところを選択しました。

 

4.5%というと、最初の方はほぼ金利を支払っているようなものです。ほぼ元金は減少しません。それに加え、彼が物件を購入した昨年はまさに不動産価格高騰期の真っ只中・・・売却という選択肢は基本彼にはないと思っています。

 

だからといって、今後の大規模修繕費用であったり、そもそもの賃貸経営が堅い立地かというと、どちらも地方に所有している為確信はありません。彼はおそらくそこまでリサーチをかけていないと思うので。

 

ただ、金利交渉で成功した場合のメリットはかなり大きいのは事実です。

 

1%でも下がれば、月々20万円弱程度ローン返済金額が下がります。

彼の活路は今はそこにあると彼自身も認識していますし、僕も思います。

 

税金を支払えずフリーローン

更に追い打ちをかけるようですが、彼には今さほどのキャッシュはないようです。

というのも、固定資産税や不動産取得税の支払いを余裕でできるような潤沢なキャッシュはないため、金利6%でフリーローンをしています。

 

怖くて金額は聞けなかったのですが、借入をしている時点で少なくとも三桁万円でしょう。

 

ただでさえ、高い金利で投資ローンをひっぱっているのに、それ以外で6%というかなり高い金利で借りているということは、金利の支払いが今は半端ないはずです。今は良いのかもしれませんが、大きな出費が発生し、支払えなくなって飛ばなければと危惧しています。

 

ただ、借入がそれだけ大きくできたのは彼の強みです。またかなり活動的なので、今後彼がどのようになっていくのか、温かく見守っていきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪