今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただくようお願いします。
今週は仕事が忙しくない代わりにプライベートが忙しいです(汗)

人気ブログランキング

 

 

現在、売却依頼中の築年数が45年にもなる物件ですが、現在以前から知り合いだった仲介マンが勤務している社長の方が僕に興味を示して下さり、集中的に売却活動に励んでいただいております。

 

そして、なんと通常であれば購入しないような価格で1社が購入を検討いただいているそうです。しかし、そのために重要事項説明書をまとめているところなのですが、

その過程で耐震診断の結果というのを載せなければなりません。

 

僕が購入した当初は耐震診断は行っていないということで購入をしたのですが、

購入した直後に耐震診断を行っていたことが判明しました。

おそらく、管理組合の議事録等でその情報は載っていたのだと思いますが、

購入直後は完全に地に足がついていないような状況だったので、

そんな情報もすっ飛ばしてしまっていたんだと思います。

 

僕は耐震診断にはまったく知識がないのですが、

IS値というのがあり、0.6を上回っていれば大地震が来ても倒壊しないレベル、

0.3を下回るとちょっと大きい地震が起こると倒壊してしまうレベルということでした。

 

その指標で僕が所有しているマンションは0.3を若干下回る数値になっていた模様です。

どんどんマイナスの情報が発生しています。

 

こんな状況下でも、その業者は購入を考えていると言ってくれているそうです。

しかしとはいえ、会社として動いている話なので、マンション管理業者から少なくとも、

将来耐震補強を行う意思があるかどうかだけ確認できないか依頼されているそうです。

 

もし、これで管理業者がYESといった場合は、この話前に進むかもしれません。

しかし、もし、NOだった場合は、頓挫でしょうね、間違いなく。

 

そうなると、ますますこの物件は売却が厳しくなることが予想されます。

 

購入した当時で既に築年数40年を超えていましたが、

やはり、築年数が古い物件というのは購入すべきではなかったなと今更ながら反省しています。

 

政府の方で建替えが進むような施策がとられていますが、

実際に建替えされるマンションなんてほんの一部です。

 

僕が購入した時は、立地だけは素晴らしいので、将来的に建替えだとか、地上げ屋に地上げされないかなーなんて甘い考えもあったのは事実ですが、現実は厳しいです。入居者のほとんどが60歳超の高齢者ということを考えると、資金的に建て替えはほぼ不可能です。

 

なんとかこれで売れてくれれば目の上のたんこぶが減ります。

悩みが1つ減ります。

 

今年はあまり良いことがないので、ここらで一発良いことが起こってくれればなー

なんて切に願いながら今週結果を待ちたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪