今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
来週が四半期決算の本番です。。。

人気ブログランキング

 

 

昨年末に1万円だけふるさと納税をしたのですが、その1週間後にお米5KGが届きました。

そして、つい先日、ある一流外資系企業に勤める知り合いの方から聞いたのですが、その会社では、みんな限度額ギリギリまでふるさと納税をしているようなのです。

 

この話を聞いて、ふるさと納税に限度額があること、そして、そこまで多くの人がふるさと納税をするということは、お得な制度だということを知りました。厳密に言えば、ふるさと納税がお得ということはなんとなく感じていましたが、面倒だと勝手に決めつけ、ここまでやらずにいました。

 

実態は、2,000円控除出来ない金額はあるものの、それ以外の金額は全額税金から控除、実質2,000円で寄付をした地方自治体からもらえる御礼品を買っているともいえます。

 

もちろん、地方からすれば、通常であれば中央政府に納められてしまう税金が一部納税されるので、大助かりです。なので、僕は今回は御礼品関係なく、自分の故郷に納税しました。まさにこれがあるべきふるさと納税です(笑)

 

不動産投資のブログでなんでふるさと納税と思われる方もいるかもしれませんが、日々の生活をより少なくコストで営み、手元資金を多くすることは不動産投資の基礎です。手元現金が多ければ多い程、その後の資産規模拡大は早いですし、良い物件を良い融資条件で変える可能性も高くなります。

 

とはいっても、石橋をたたきすぎて、購入適応時期を過ぎてしまうというのは本末転倒になってしまうので、不動産購入できる時期に購入していくというバランス感覚も重要ですが、それは投資家の腕の見せ所でしょうか。この部分は、僕は身に付けていかなければなりません。

 

ロバートキヨサキの教えに従って、寄付金を今年からしようと考えているのですが、ふるさと納税はこの寄付金とは違うような気もします。地方の事を思ってというよりも、結局支払う税金を地方にするか?中央政府にするか?という話で合って、地方に納税するにしても、御礼品目当てでやっているという、あまり貢献を感じない部分もあります。

 

とはいえ、得なものは実践すべきなので、今年から限度額ギリギリでふるさと納税をしていきたいと思います。それと同時に、寄付金と呼べるものもしていければと思っています。まだまだお金持ちとは程遠い状況ですが、少しずつというのが僕のスタイルですので、まずは成功されている方の行っていることをそのまま真似てみます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪