horsehead-nebula-11081_1280

 

皆さんおはようございます。

 

ゴールデンウィーク1週間の休み明けで出社していますが、

体が重いこと重いこと。といっても、今日は仕事もあまりないし、

来週から始まる引継ぎ作業の準備ぐらいしかやることもないので、

しっかり、流したいと思います(笑)

 

昨日、両親と不動産投資について話をしていました。

その中で話に上がったのが、熊本地震についてです。

僕の会社の同期で今年1月に熊本に2億円近い一棟マンションを購入し、

そして、先日の地震の被害にあった輩がいることは申し上げていたかと思います。

 

結局、彼がどれほどの被害を受けたかというのは、まだ知らないのですが、

少なくとも先日彼と話をしたときは、駐車場のアスファルトは盛り上がり、

マンションも倒壊をしていないものの、ひびが入っている箇所があるとのことでした。

 

問題は、その修復にどれほどの費用が掛かるかという話ですが、

もしかしたら、彼は既にこのゴールデンウィークに熊本を訪れて、被害総額を確認しているのかもしれません。

 

どんだけ保険をかけても、どれだけ頑丈な建物を購入したとしても、

こういった地震であったり、津波といったリスクは完全に転嫁できないなと話をしていました。

 

しかし、彼の場合は、あまりにも運が悪かったというか、なんというか。

今まで起きたことのないような地震が起き、その3,4か月前にたまたま熊本で不動産を購入してしまっただけです。それだけなんですが、たまたま被害にあってしまった。

不運だったとしか言いようがないのですが、実際、こういったことも起こっているので、今後も起こる可能性はあります。

 

彼曰く、地震保険は5年契約で5万円程度とのこと。

それぐらいであれば、僕も保険に入ろうかなーとちょっと思っています。

保険で全てのリスクをゼロにはできませんが、軽減することはできます。

5年で5万円ぐらいの規模であれば、入ろうかなと来週にも見積りをしてもらおうかなと考えている次第です。

 

ただ、こういったリスクは不動産投資だけに限ったものではありません。

普通に日常生活を送る上でも様々なリスクがありますし、不動産投資以外の投資であったり、ビジネスを行う上では、必ずリスクがあります。リスクがゼロのことなんて、この世界にないと言っても過言ではないと思います。

 

問題はいかにそのリスクを転嫁もしくは軽減するか?そこだと思います。

正直、そこの意識は僕は甘かったなと今回の熊本地震で認識しました。

 

彼のように被害にはあっていませんが、仮に東京にあの規模の地震が発生した場合、

今のリスク管理だと、おそらく、対応しきれません。

この機会にリスクコントロールを再確認したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪