pp_akaihana500-thumb-260xauto-34-thumbnail2
みなさんおはようございます。

今日はFP2級の試験日ということで、これまた早めの更新となります。
去年の暮れから地道に勉強してきたので、今日はやってきたことを発揮できればと思います。しかし、試験地があまり近いところにない為、若干不便です。

大学での試験なのですが、日曜日ということでスクールバスが出ないらしく、
徒歩20分。。。どれだけの人が受けるのか分かりませんが、ちょっとここらへん配慮いただきたいですよね。とはいえ、みんな同じ条件なので、文句ばかり言ってられません。
頑張ってきます!

今日は、FP2級の試験日ということで、この半年程度でFP2級の勉強を通じて、学んだことを中心にお話ししたいと思います。

まず、結論から言うと、FP2級勉強してよかったと思っています。間違いではありませんでした。ただ、ずっとサラリーマンでいようと考えている方にとっては、活かす機会があまりない内容ではあります。

簡単にFP2級の勉強内容を申し上げると、

1. 国民年金、厚生年金に始まる社会保障制度について
2. 火災保険や自動車保険、生命保険などの一般的な保険制度概要
3. 経済基礎知識、株式、債券等の金融一般知識
4. 所得税、住民税等個人税金を中心とした税金体系
5. 公示価格、路線価等の公的価格、不動産価格算定補法、都市計画等の不動産関連一般知識
6. 相続、贈与に関する一般的知識

こんな感じですかね。

自分でまとめて書いてみたので、細かく言えば、もっと項目があるとは思いますが、
僕が感じた主な内容はこんな感じです。

もともと、財務経理であり、また不動産投資を始めたことをきっかけに、不動産に関する知識はゼロではなかったので、税金計算や不動産関連一般知識はなじみがあるものでしたが、その他はほぼ初めての勉強になったので、勉強になることがたくさんあり、かつ、今後独立を考えている僕にとってはとても有益な内容でした。

特に、社会保障制度。会社に所属していることによって、今の自分がどれほど守られているのか良く理解できました。

独立することによって、給与的に安定していたものが、予想できないものになるというリスクは誰でも想像できることですが、そういった社会保障がどうなるかというのは、勉強しないとなかなかイメージすらわかないものです。

また、保険制度。不動産投資家として、日々様々なリスクを背負って生きているわけですが、それらのリスクに対して、どういった内容の保険があるのか良く理解できました。

今後、この保険はかけておくべきだなという保険もあったので、費用は若干かさみますが、追加で保険をかけようと思います。やはり、知識は武器ですよね。

相続・贈与に関しては、僕はまだ年齢的に考える時ではありませんが、
知っておくことは損ではありません。全くなかった知識だったので、
今回の勉強で基礎ができたため、今後、相続・贈与に関する出来事に遭遇しても、
全く何も分からないということは発生しないと思います。

この試験は、総じて、日常生活に根ざした試験ですね。
みなさんもお時間あれば、試してみて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪