今日も↓↓↓をぽちっとお願いします。
本業の繁忙期が終焉を迎えつつあります。もうすぐです。。。

人気ブログランキング

 

このブログのタイトルである20代不動産投資ですが、僕自身が25歳の時に不動産投資を始めたことから特に深い意味もなくこのネーミングをし、今に至っています。

それから6年以上の月日が流れ、色々と思うことがあるので、今日はその思うところの一部をお話ししたいと思います。

 

不動産投資をする理由として多くの方がお金に関したことを挙げます。

具体的には月次CFいくらほしいから不動産投資をやるという方が大多数だと思いますが、実際に6年間運営をしてみて、それ以上にメリットがあることを僕は感じています。

 

これは僕の性格や将来独立して事業を営んでいきたいという想いを持っているからというのもありますが、関わる人種が圧倒的に増えるということです。

 

これはお金以上に自分の可能性を広げてくれますし、何より人生を豊かにしてくれています。

 

僕は経理職ということで、本業では基本社内の方としか話す機会がありません。

社内にもいろんな人がいるという意味では多くの人と話す機会はありますが、同じ会社というカルチャーの中で、同程度のスキルや能力を持った人としか接していないとそれが普通だと思っています。

 

しかし、大家業を始めると、それが普通でないことがよく分かります。

僕は世間一般的にはどちらと言えば、良い部類の企業に属してはいますが、外に出てみて感じることは、社内でのスピード感や物事に対して追求していく深さ、パッションは異常なんだなと分かります。

 

ここでいう異常というのはネガティブな意味ではなく、ここまでやる人はいないということです。

 

例えば、社内で1つの仕事をやってくださいと言えば、半日でやってくれる仕事があったとすると、会社外の人に頼んだ場合、2日、3日かかるケースもあります。また、一番感じるのは報連相の違いです。

 

僕は基本的には何かあったら報告して、相談して、ベストなソリューションを見出していくという考え方があり、これは今の会社のカルチャーで培ったものでもあります。

 

でも、世の中、みんながみんなそうではありまえん。

勝手に物事を進めてしまう人、何も報告せずに、気付いたら炎上寸前までなってしまったというパターン等々、この報連相の概念が異なる人が多くいます。

 

こういった違う価値観の人の中で仕事をするのは1つのやりがいであるとともに、自分の能力を向上させてくれます。そして、それがまた本業でも活きてきます。そして、それが自分の可能性を広げてくれます。

 

まだまだ未熟な部分が多いですが、32歳にしても色んな経験をしてこれたと思います。それもこれも不動産投資を始めたからというのは絶対に言えます。

ということで、お金的なことだけでなく、こういった人的なメリットも関わりようによっては出てくることも不動産投資のメリットだと僕は思っています!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪