今日もご支援ありがとうございます。↓をポチっていただけると嬉しいです。
もう3月ですね。今年はめちゃくちゃ早く感じます。

人気ブログランキング

 

 

昨今、融資が締まってきているということはこのブログでも度々申し上げていることですし、不動産業者を周られている方であれば、実感できると思います。

 

今まで簡単にフルローンで通るだろうと思っていた内容の物件、借入する方の個人属性であっても、求められなかったエビデンスを求められたり、融資審査の時間がかかったり、不動産業者の方々もあたふたしているなーというのを良く聞きます。

 

上で操っている主は金融庁だとは思いますが、

オリンピックまではなんとか地価を今の高水準のまま保たせたいというのはあるような気はするのですが、そればかりは僕は評論家ではないので分かりません。

 

ということで、業者に僕の年収や資産背景を見せると、以前より選択肢は大分減ってきています。求められる金融資産の残高、年収ともに上げられ、かつ、物件購入時に入れなければならない頭金の割合も増えてきています。また、フルローンやオーバーローンであっても、預金の預け替え等をしなければならず、ある程度のキャッシュ余力が求められてきています。

 

そもそも、この不動産融資、今は厳しくなってきたとはいえ、でていますが、いつまで続くのか?というのもあります。例えば、賃貸経営のない方に関しては年収2千万円以上に人にしか不動産融資はしないということになってくると、初心者の方が飛び込めなくなってきます。

 

今まで賃貸経営をしてきた人はまだ間口はあるので、それはそれで有利になる部分もあるのかもしれませんが。

 

そうなってくると、がぜん有利になるが現金を持っている人です。

これはこのブログでも何度も申し上げています。

 

そういった時代も過去にはあったらしいのですが、誰も買えない時期になると、都内の物件でも、利回り10%越えが普通という時代もあったそうです。(その時は不動産投資に全く興味がなかったので、状況は熟知していませんが)

 

そんな時に現金買いをしていくことが出来れば、負けることはないでしょう。

確実に勝てる投資になりますね。

でも、レバレッジを効かせられない分、規模拡大にも限界があるので、そこまで大きなキャッシュフローを出すのは難しいかもしれません。

 

昨今の融資環境を見ていると、これ以上厳しくなるようであれば、買えない人がさらに増え、買える人がより少なくなっていくという二極化になっていくと個人的には思っています。なんとか、買える人になれるよう、情報収集、積極的な行動を心がけたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

   

人気ブログランキングに参加しています。よかったら、ぽちっとな♪